高知県、香我美町山北にある、みかん畑に囲まれた丘の上にある『イングリッシュガーデンハウス』です。

フルーツファーム「ヤマ賢」

  • HOME »
  • フルーツファーム「ヤマ賢」

名前の由来

yamakenここ香我美町山北は、明治時代からみかんの産地で、各家ごとに「屋号」を持っています。

我が家もみかん作り3代目で、父、安岡賢之(やすおかけんじ)の「賢」と山北の「ヤマ」をとって「ヤマ賢」と言う屋号にしています。

※ ヤマ賢夫妻(写真)が、皆様に安心して美味しいみかんを食べていただけるよう、愛情と丹誠を込めて栽培しています。

ヤマ賢のこだわり

無化学肥料、無除草剤、節減対象農薬:当地比8割減(8割減農薬)で栽培しています。

土壌に化学肥料や除草剤を使わない事で、土を健康な状態で保ち、土本来の力を引き出すようにしているのです。

安心してお召し上がりいただける果物を作るべく、虫や病気と闘いながら毎年努力を重ねています。

防腐剤の散布もワックスもしませんので、ピールやマーマレード等にして、皮まで食べることができます。

生産者、安岡賢之からのメッセージ

ヤマ賢では、柑橘の持つ特有の香りや風味を大切にした品種栽培はもとより、肥料や農薬、除草剤を極力使用しないと言うこだわりを貫こうと、自然栽培の道へと進んでいます。

外観は決して綺麗とは言えませんが、安全で、風味豊かな美味しいみかんだと自信があります。

イングリッシュガーデンハウス内での販売や直接発送もしています。贈答用にもお使いいただければ幸いです。

是非、あなたの大切な人にも食べさせてあげてください。

お買い物サイトへ行く

年間を通じて、色々な果物が収穫出来ます。

↓ 横にスライドをして内容をご確認下さい。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
温室黄金柑
温室金柑
温室小夏
レモン
温室みかん
秋の温室みかん
温室水晶文旦
温室津之香
露地みかん

温室黄金柑(おうごんかん)【3月】

黄金柑果皮が黄色く、扁球形で小さめ。さわやかな香りで果汁が多く、見た目は酸っぱそうですが、外観の似た小夏と比べると、圧倒的に甘みが強いのが特徴です。

温州ミカンなどに比べると、皮がやや厚めですが、手でむくことができます。

じょうのう膜(薄皮)は薄いので、袋ごと食べられます。

市場にあまり流通しておらず、希少なのですが、大変人気があります。

食べられた方は一様にその美味しさに驚かれます。

当園でも、数本の樹しか栽培していません。

温室小夏【2月 ~ 4月】

温室小夏県内外で大変人気のある品種です。

最大の特徴は、内果皮の部分が柔らかく美味で栄養価が高いことです。

南国のたっぷりの日差しを受けて育った小夏は、香りが良く、なめらかでみずみずしい口当たりと、上品な甘酸っぱさが魅力です。

温室みかん【7月 ~ 9月】

温室みかん「外側の果皮が青いのに中身が赤く、甘くて美味しいミカン」を目標に栽培しています。

甘味と酸味のバランスがとても良いのが特徴です。

甘さ・香りと風味・口当たり、全てにおいて「最高のミカン」です。

温室みかん栽培は、昭和41年に全国に先駆け始めました。

以後、昭和51年には皇太子殿下、妃殿下御来高の折、夏のハウスみかんは初めてだと珍しがられ、ご賞味の上、御買い上げ賜りました。

昭和53年5月、天皇陛下御来高の折、そして又、昭和61年、皇太子殿下御来高の折、御買い上げ賜りました。

秋の温室みかん【9月 ~ 10月】

秋みかん秋の温室みかんは、夏の青いみかんとは違う、興津早生と言う品種です。

皮は比較的しっかりしていますが、果汁の糖度は高く濃厚な風味があるのが特徴です。

形も少し腰高になる傾向があるのですが、なんと言っても味の良さは抜群です。

温室の中で完熟させているので、露地みかんにはない甘みが有ります。

温室水晶文旦【11月 ~ 3月】

水晶文旦「文旦の女王」と言われる抜群の香り。果汁が多く、みずみずしく爽やかな味。

果肉は水晶のように美しく風味も抜群です。

完熟になると、糖が凝縮されて皮に褐色の斑点(シュガースポット)が現れます。

見た目は悪くなりますが、酸味が抜けて、まるで蜂蜜のような甘味を感じることができます。

水晶文旦は、土佐の地で昭和初期に生まれ、類まれな優れた品質のため、正に文旦の傑作と言われて来ました。

しかし栽培が非常に難しく、『幻の果実』としてその名声を残していました。

その素晴らしさに魅せられ、栽培し始めて40年。様々な苦闘を重ねた末、栽培に成功しました。

水晶文旦は、収穫してからも味が変化する果物です。寒さを嫌い、寒い場所に置いておくと酸味が出て来ます。

保存のきく果物なので、寒くない場所で、ポリ袋か新聞紙に包んで保存してください。

津之香(つのかおり)【3月】

津之香清見オレンジと興津早生の交配種。
香りが抜群に良く、味は甘い温州みかんにオレンジの香りがプラスされたような感じで、ジューシーで、甘さに対し程よい酸味が感じられます。

完熟になる前の方が香りが良く、加工にむいています。

皮も香りが良いので、ピールやマーマレードにすると絶品。

栽培できる環境に適した所が少ない事もあり、生産量は僅かで市場には流通していないそうです。

露地みかん【12月 ~ 1月】

露地みかんみかんが美味しいと言われる山北でも、特に山の斜面を利用した畑に実るみかんが美味しいのです。

当園の露地みかんは、その「山のみかん」です。

無農薬栽培区域と8割減農薬栽培区域に分けて栽培しています。

みかん狩りもしていただけます。

ネットで、フルーツ・加工品をお買い求めいただけます

美味しさはもちろん、安心して召し上がっていただけるように、栽培から加工まで全て自分たちで行っています。

丹精込めて大切に大切に育てた果物。

その熱意と美味しさをそのままジュースやジャム等の加工品としてお出ししています。

フルーツだけでなく、自家製の加工品もイングリッシュガーデンハウス内での店頭販売や直接発送もしております。

お買い物サイトへ行く

PAGETOP
Copyright © イングリッシュガーデンハウス All Rights Reserved.